イタリア語 翻訳 通訳 イタリア語教室のアル・グランディタリア
アル・グランディタリアのロゴ
イタリア語翻訳 | イタリア語通訳 | イタリア語教室 | ナレーション吹き込み | Skypeレッスン | プロフィール | サイトマップ
お問い合わせ | イタリア料理のイタリア語 | 読んで...書く! | 最新情報 | イタリアのリンク集 | 特定商取引法に基づく表示 | ホームへ

イタリア語を読んで...書く!

過去にイタリア語を勉強したことのある方で、仕事の都合などで現在は学習を中断されている方のためのページです。今、イタリアで話題になっている新聞記事や最新情報などをイタリア語で読んでいただけます。またイタリア語で感想を書いていただいた方の中から毎回数名の文章を無料で掲載、添削いたします。さらに期間中にご応募いただいた方には素敵な商品をご用意しております。無料でイタリア語を添削してもらえるチャンスはなかなかありません。ぜひ辞書を片手にご参加下さい。


参加のルール

  1. 毎回2つの文章がこのページに掲載されます。
  2. その文章の感想をイタリア語(50単語以内)で書いていただき、お名前とメールアドレスを記入していただき、お問い合わせフォームもしくはinfo@algranditalia.comまでお送り下さい。
  3. ご応募いただくのは二つの記事のどちらか好きな方、もしくは両方お送りいただいても構いません。
  4. お送りいただいたすべての文章を読ませていただき、選ばれた記事を添削し、掲載いたします。

開催期間

2005年1月〜

今回分の締め切り


過去の記事

2004年度
1月 2月/3月 4月/5月 6月/7月/8月 9月/10月/11月


2005年度
1月/2月 3月/4月 5月/6月 7月/8月 9月/10月 11月/12月


今回の課題

2005年 9月/10月 課題1

La guerra in Iraq torna a dividere

Nello staff del Cavaliere si nega con forza che le frasi sull'Iraq siano ispirate dall'opportunismo e dall'attualita`.

In fondo - e quanto si sottolinea da Palazzo Chigi - non e`un mistero che Berlusconi non volesse la guerra e che l'avesse gia fatto presente all'amministrazione americana. Lo mette per iscritto il vicepremier Fini: ≪Berlusconi l'aveva gia detto altre volte, anche in Parlamento: il governo italiano non ha mai ritenuto l'intervento militare in Iraq l'unica soluzione≫. Una lettura che sposa anche Bruno Vespa che cita a testimonianza di quanto afferma Berlusconi il proprio libro, ≪Il Cavaliere e il Professore≫. ≪Ho sempre temuto - cita il giornalista Rai - l'impresa militare in Iraq. In due successivi colloqui con il presidente Bush ho espresso queste riserve, cercando di convincerlo a non intraprendere l'azione militare. Gli avevo anche suggerito di subordinarla a una risoluzione del Consiglio di Sicurezza dell'Onu≫.


2005年 9月/10月 課題2

Blair vuole vietare gli alcolici su bus, treni e aerei.

LONDRA (GRAN BRETAGNA) - Una misura che potrebbe costituire un nuovo duro colpo alle consolidate abitudini del popolo britannico. Il governo guidato da Tony Blair ha infatti l'intenzione di vietare totalmente di bere alcolici a bordo dei mezzi di trasporto pubblici. Lo riferisce la stampa britannica. La misura ha fatto insorgere l'opposizione conservatrice, che vi ha visto un nuovo tentativo del governo laburista di interferire sulla vita privata dei cittadini britannici. Il ministero dell'Interno si e`rifiutato di commentare la notizia sottolineando che nulla e`stato ancora deciso . Secondo le indiscrezioni filtrate sulla stampa il progetto laburista vorrebbe proibire di bere alcoolici sugli autobus e sui treni, nonche`sugli aerei interni. Verrebbero proibiti alcolici anche per chi sta consumando un pasto.




     

                   IBS.ITの本検索ローマ字で入力して下さい
        題名:
        著者:
         出版社:
        主題:
         検索実行:


 
ページトップへ
 
イタリア語翻訳 | イタリア語通訳 | イタリア語教室 | ナレーション吹き込み | Skypeレッスン | プロフィール | サイトマップ
お問い合わせ | イタリア料理のイタリア語 | 読んで...書く! | 最新情報 | イタリアのリンク集 | 特定商取引法に基づく表示 | ホームへ
 
Copyright (C) 2003 al Grand'Italia All Rights Reserved.
E-mail info@algranditalia.com  TEL 078-945-7363